鉄道にまつわるニュースや豆知識、お得情報などをお知らせ!
その他当デスクスタッフによるこぼれ話やつぶやきもお届けします。

ブログ記事
2016年10月24日
カナディアン GO! 【PART 2】

カナディアン GO! 【PART 1】からの続き

 

みなさんこんにちは!

鉄道デスクのダヴィデです。

大変お待たせ致しました。もう秋になってしまいましたが、この夏乗ってきましたカナディアン号について
残りの感想などを皆さんにお伝え致します。

さて、どこまで書きましたか?

あ、カムループスに到着したところの話ですね。

19

列車が給油のために一時間ちょっと停車したので、列車から降りて周辺を見学しました。

出発時間が近づいたので客車に戻ると、
今度は隣に、若い女性が座っていました。Helloと挨拶し、ちょっと会話が始まりました。

汽笛が聞こえ、列車がまたゆっくりと走り出しました。

21

しばらくの間、果てしなく続く低地での走行が続きます。

せっかくなので私の席を外し、展望車両をちょっと体験してみました。

まだ空いているテーブルがあったため、座りました。

当日は、実は私の誕生日だったのですが、そのことが近くに座っていたテネシー州のお婆さんにバレてしまいました。

誕生日のプレゼントとして、美味しそうなカナディアン号の朝ごはんが登場しました!

23

パノラマ車両のクーラーがちょっと効きすぎていたこともあり、ホットコーヒーがより美味しく感じられました。

量たっぷりのベーコン、マッシュポテト、そしてデザートとしてメープルシロップのパンケーキとオレンジ数切れ!

その後の時間は、座席で仮眠したり、パノラマ車両で他の乗客とおしゃべりをしたりして過ごしました。そして、昼過ぎから、景色がますます雄大になり、ほとんどの時間を、写真を取るために車窓にくっついて過ごしました。

28

39

43

20

 

そして、16時頃、ついに「We will soon arrive at Jasper, Jasper Station」というアナウンスが英語、そしてもちろんフランス語で聞こえました。長い18時間お世話になった快適な座席の周りの持ち物を片付け、支度をしました。

ジャスパーは気持ちのいい快晴の天気で迎えていたので、これからの滞在が色々と楽しみになってきました!

48

カナディアン号はもう少しジャスパーに停車してから、夕方は次の駅、エドモントンへと出発しました。

今回はわずか18時間だけ(?!)乗ってみたのですが、いつか余裕がありましたら、トロントまで全区間の走破をしてみたいと思います!

ちなみに、トロントまで全区間を走破すると、全体で4泊5日間の旅程になります!!

おわり。

 

◆◆◆◆◆

カナディアン号の手配は、鉄道の旅専門デスクまで!

海外自由旅行専門店・鉄道の旅専門デスク
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8サウスゲート新宿ビル1F

TEL : 03-5360-4771
営業時間 平日 :11:00-19:30 / 土:11:00-18:30 / 日祝:11:00-18:00

◆◆◆◆◆

/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /